任意整理にかかる費用を追究【費用の負担が少ない方法】

借金を確実に返済する

弁護士

弁護士に依頼するメリット

借金を返済できなくなった時、誰もが考えるのが自己破産についてです。しかし、自己破産には、様々な制約が課せられるため、不自由な生活を強いられることになります。土地や家を手放すだけではなく、移動の制限や破産管財人による郵便物の管理等、一定期間とは言え基本的な権利を行使できないデメリットがあります。その点を考えれば、任意整理の方がお勧めと言えます。任意整理とは、取引開始時に遡って利息制限法の上限金利を適用させて再計算を行って借金を減額した上で、元本のみを3年ほどで分割して返済する和解案です。貸金業者とこの契約を交わし、和解内容によって借金を整理する方向となります。任意整理は、確実の返済の目途が立つ人、継続的に収入がある人に限られます。任意整理の手続きは、弁護士に一任できるところもお勧めと言える点です。そして、気になるのが弁護士に依頼した時の費用です。実は、債務整理に関する費用には、相場というものがありません。ただ、目安となる費用は存在します。手続きに必要な着手金は4万から5万円程度、成功報酬は減額された債務金額の10パーセントとなっている所が多いようです。また、過払い金があれば、その20パーセントほどが成功報酬に加算されます。ただ、着手金が用意できない場合でも、弁護士に依頼することは可能です。後の減額金の中から支払いをする方法もあるからです。これらの費用は、限りなく続く借金より低い金額であることが分かります。借金で困ったら、先ずは法律事務所に相談することです。