任意整理にかかる費用を追究【費用の負担が少ない方法】

弁護士料金について

相談

任意整理にかかる弁護士費用は、1社あたりいくらという計算になります。着手金が3万円〜5万円が相場ですから債権者の数だけかかります。ただし、弁護士事務所によっては3社目以降の着手金は減額になるといったところもあります。

詳しく見る

過去の実績を調べて

ジャッジガベル

任意整理とは、債務を減らすことを目的として債権者と交渉することをさします。弁護士に依頼すると費用はかかりますが確実です。支払いに不安がある場合はまずその点をチェックしましょう。質を見極めるためには過去の実績、相性などを確認しておきましょう。

詳しく見る

借金を減らして返済を楽に

弁護士

任意整理をすることで、しつこい金融業者からの督促がこなくなり、借金も大幅に減額、これからかかる利息はカットして毎月無理のない返済金額に抑えることができます。毎月の返済金額が6分の1まで減った例もあり、これまでの返済費用に余裕ができます。

詳しく見る

相談料が無料が多い

相談

任意整理は、弁護士に依頼しなくても個人で交渉ができますが、債権者である金融業者が交渉に応じてくれない、現状での支払いを継続されるようお願いされることがあります。そういった場合には費用はかかいrますが弁護士依頼することで借金解決に向けて進展します。

詳しく見る

借金を確実に返済する

弁護士

任意整理は、自己破産よりメリットが大きいとされています。自己破産のように、生活や活動が制限されることがないからです。任意整理は、収入があり、3年程度で返済が可能な人が対象となります。任意整理の弁護士費用は、着手金が5万円ほどと減額された債務費用の10パーセント程が目安とされています。

詳しく見る

手数料を確認しよう

女性

後払いが可能な場合も

債務整理にも色々な方法がありますが、いずれの場合も借金を減らすことができますが、手続きには様々な費用も発生します。特に弁護士報酬がどれぐらい必要かは気になるところです。債務整理の中でも特に費用の負担が少ない方法としては任意整理があげられます。自己破産や民事再生では全ての借金を整理することとなりますが、任意整理は整理したい借金を選ぶことができます。さらに任意整理を選ぶメリットとしては裁判所の手続きが必要なく、債権者と直接交渉を行うことができますので解決が早いことがあげられます。職業や資格の制限も無く仕事もそのまま続けていくことができますし、自宅などの財産が没収される心配もありません。裁判所の手続きが必要のない任意整理は特に手数料の負担も少なく抑えることができますが、実際の手続きではどのような費用が掛かるのかも知っておきたいところです。弁護士に依頼した場合はまず最初に着手金が発生します。さらに弁護士報酬も支払うこととなりますし、過払い金返還を受けた場合は過払い金返還報酬金も必要です。この他の費用では事務手数料などの経費も支払うこととなります。実際い依頼する前にはまずは相談を行うこととなりますので、どれぐらい借金が減るのかを確認することはもちろん、費用も明確に提示してもらいましょう。借金の返済で困っている場合は一括での支払いが難しくなることもありますが、後払いや分割払いに対応してくれる法律事務所もありますので、支払いについても相談してみることがおすすめです。